2016

09
25

我々は超富裕層を「誤解」している

超富裕層

なかなか出会うことのできない「超富裕層」と呼ばれる人たち

世界の人口のわずか「0.000029%」。それでいて宝飾品・車・ファッション・旅行などの高級品と呼ばれる総売上高の20%を支える“超富裕層”(※Wealth-X調べ)。
世界経済に必要不可欠な存在であることはもちろん、高級デリヘルや交際クラブといった高級風俗業界の顧客層でもある彼らですが、決して普段暮らしているだけで会えるような存在ではありません。

超富裕層はどこにいるのでしょうか?そうしたら彼らに近づくことができるのでしょうか?そして彼らにはどう商売を展開し、どうファンになってもらうのでしょうか。
今回デリヘル経営コンシェルジュでは「敏腕販売員が明かす、「超富裕層」を顧客にする方法」を参考に、超富裕層でない人たちが超富裕層に対して抱いている“誤解”をあげながら、彼らに商売をするさいのヒントをお伝えしたいと考えています。

「え、そうだったの?」、庶民が超富裕層に抱きがちな4つの誤解

富裕層への誤解

1: 超富裕層も“広告”を見ている


超富裕層というと、我々が知らないような極秘情報を入手してその情報をもとに商品を選んでいるように思えるかもしれませんが、彼らも庶民同様、マーケティングに関心を持っています。
「広告だしても金持ちは来ないやー」などといって広告を出し渋るのは実は効果的ではありません。

2:超富裕層はブランドとコラボした慈善事業に興味はない


世界の高級ブランドの多くは慈善事業を行っています。また以前の「富裕層にもランクがある」の記事でもお伝えした通り、超富裕層と呼ばれる人々は人々に自身の富を還元したいという意向も強くなるというデータもあります。
しかし、だからといって「超富裕層は、慈善事業を行っている高級ブランドの商品を優先的に購入するか」といわれたらそれはNOです。

というのも超富裕層はすでに自ら慈善団体を所有している場合が多く「そんなブランドを買うよりも、自分が選んだ慈善事業に支援を提供してもらう」ということに関心があるのです。

3:超富裕層のほとんどは一代で富を築いている


超富裕層は先祖代々超富裕層だと思われがちですが、実は彼らの多くは一代でありふれたビジネスを軌道にのせた人がほとんどなのだとか。
また、高級品を今まで身に着ける必要を感じたことがないうちにお金持ちになっために、海外のブランドが発音できない、ブランドの歴史を知らない、何を売っているのかを知らないといった人も少なくないそうです。

「超富裕層だから高級品に対する造詣があるだろう」という思い込みは禁物ということです。

4:SNSでも商品を売れる


超富裕層というと雲の上の存在のように思われがちですが、彼らにSNSで営業をかけているという旅行販売員もいます。
「超富裕層に会えない」と悶々とする前に、できることからやってみましょう。特に交際クラブなどではFacebookやインスタグラムといったSNS広告も配信できるので、チャレンジするに越したことはないでしょう。
弊社でもFacebook,instagram広告の運用の代行を承っていますが、すでに有名クラブで実績を出されているところもございます。
詳しくは「Facebook広告に興味あり」とお問い合わせくださいませ。

デリヘル経営コンシェルジュでは最新の摘発情報・高級デリヘルや交際クラブの主要顧客である富裕層の暮らし・近年風俗嬢に増えている貧困女子の暮らしはもちろん、最新の情報からお役立ちのセミナー情報をメールマガジンにてお届けしております。
ぜひこの機会に以下の登録フォームよりご登録くださいませ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.