2016

12
20

【埼玉】チャイエス「悦楽」摘発される

 【埼玉】チャイエス「悦楽」摘発される

禁止地域で風俗店営業 3店舗を摘発、経営者ら男女4人逮捕/上尾署

禁止地域で性風俗店を営業したなどとして、埼玉県警保安課と上尾署の合同捜査班は2016年11月29日までに、風営法違反の疑いで、上尾市とさいたま市内の性風俗店3店舗を摘発。上尾市上町1丁目、経営者の男(39)ら中国人2人を含む男女4人を逮捕しました。

逮捕容疑は、男は共謀して10月26日、上尾市上町1丁目、性風俗店「悦楽」で、男性客に性的サービスをさせたなどの疑い。県警は共犯事件を理由に認否を明らかにしていません。
同課によると、3店舗は系列店で、マッサージ店をうたい、70分1万円の料金で営業。ホームページを見つけた県警が捜査していました。

参照元:埼玉新聞

摘発されたのはアジアンエステ「悦楽」「凛凛」か


摘発店舗についてデリヘル経営コンシェルジュが独自に調査したところ、今回摘発対象となったお店は上尾市に店舗を構えるアジアンエステ「悦楽」とみられます。
また、多くのサイトで系列といわれていたアジアンエステの凛凛についても公式ホームページが閲覧不可能な状態になっているので、摘発を受けたと考えられます。


【メンズエステ悦楽の位置】



【メンズエステ凛凛の位置】



両者とも、近年摘発が相次いでいるほかのメンズエステ同様のアジアンエステ(チャイエス)で、アカスリや洗体のサービスと同時にヌキのサービスが横行していた違法店と考えられます。
チャイエスについては今後東京五輪の開催にあたって、入国管理局と警察がタッグを組んで一斉に摘発……という可能性も考えられます。弊社にもまれに「チャイエスを開業したい」とご相談にいらっしゃるお客様もいらっしゃいますが、今チャイエスに手を出すのは大変危険です。ヌキをやらない日本人専門のメンズエステの開業をお勧めします。(詳しい話をお聞きしたい方は弊社の風俗開業個別セミナーをご検討ください。)

また、今回の事例で風俗店やメンズエステの経営者が着目すべき点は、警察が「ホームページを見ている」ということです。
実際に違法なサービスをしていなかったとしても、ホームページから違法性やグレー感が漂っていれば、予期せぬうちに警察の“標的”となってしまいます。
特に、地方の交際クラブやメンズエステといった、現段階で届け出が必要ないビジネスにおいてはホームページの文言・表現一つがその後を大きく左右します。「ホームページこの内容でいいのかな……」そんな不安をお抱えの際はお電話・お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.