2016

11
05

「風俗店への紹介」で逮捕。大阪府警

 紹介制限

自身の借金返済のため、交際女性を性風俗店に……容疑で29歳男ら逮捕 大阪府警

自分の借金を返済するために交際相手の女性を性風俗店で働かせたとして、大阪府警保安課は2016年10月31日、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで、平田浩一容疑者(29)=大阪市北区=と、借金の取り立て役だった建築業、多田聖容疑者(26)=横浜市中区=を逮捕・送検したと発表しました。
2人の送検容疑は2013年9月に、平田容疑者の交際相手の女性(30)を大阪市北区の性風俗店に紹介したとしています。平田容疑者は容疑を認めていますが、多田容疑者は「自分には関係ない」と容疑を否認しています。

大阪府警によると、平田容疑者は、以前勤務していたビデオ店の店長の連帯保証人となり、数百万以上の借金を背負ったとのこと。借金の取り立て役だった多田容疑者の指示で平田容疑者は女性を風俗店で働かせ2016年8月まで3年間、毎月30万円を返済させていたといいます。女性が2016年8月の段階で大阪府警に相談したことで事件が発覚しました。

参照元:産経ウエスト

AVやスカウト同様、「紹介」が取り締まられる流れに。


今年2016年に入ってから、AV女優の強制出演問題などの複数のスカウトグループの摘発や今回の事件のように「職業安定法違反(有害業務の紹介)」という容疑で風俗業界関係者が逮捕される事例が増えてまいりました。

また、AV女優強制出演問題やスカウトグループ摘発などの今までのケースはあくまで本番前提の職務(AVや新地)を紹介した結果の逮捕・摘発でしたが、今回の案件によって本番行為の有無にかかわらず「性風俗店」というカテゴリ自体が”有害業務”分類されていることが明るみになりました。

しかし、紹介が摘発に当たるかどうかの基準としてひとつあるのは「被害者がいるかどうか」ではないでしょうか。
他人から女性キャストを紹介されたとき(そもそも紹介自体がこれからますますグレーゾーンになっていくのではないかと思われますが)に、その女性が「被害者」になり得ているかどうかをよく見極めたうえで採用するのが今できる妥協案ではないでしょうか。

女性の採用も個別セミナーにて相談を


そんな先行き不安な女性の採用についてもデリヘル経営コンシェルジュ個別セミナーにてご相談を承っております。

時間中「講師は100%あなたのアドバイザー」なのにもかかわらず同じ料金。お得感・充実感を感じていただきたいという気持ちからこちらの値段を設定いたしました。
セミナーでお話する内容に限らず、オーナー様がお困りだと思うことすべて遠慮なくお申し付けください。延べ700店舗のコンサルティングを行ってきた弊社が最良のご提案をいたします。

会 場 : 当社セミナールーム(原則弊社のセミナールームで行いますが、遠方のオーナー様やそのほかの場所を希望の方もお気兼ねなくご相談ください。)

弊社住所

● 対 象 :  風俗店開業希望の方・風俗店・交際クラブを経営なさっている方
● 定 員 :  なし
● 主 催 :  コンシェルジュグループ
● 参加費 :  3,000円(出張をご希望の方は+交通費)

風俗開業個別セミナーお申込みフォーム

お名前
メールアドレス
電話番号
日程希望
参加人数
ご相談内容、その他伝えておきたいこと

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.