2016

07
31

中国人富裕層が日本の医療観光を選ぶ理由3つ

医療観光 サムネイル

「風俗観光」同様に「医療観光」もブーム

中国人富裕層が日本に観光に来ては莫大なお金を落としていく「爆買い」現象。近年大きな話題に上る彼らの観光形態の中には「風俗観光」もあり、風俗店オーナー様の中には「恩恵(あるいは迷惑)を被っている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな彼らの観光形態の中には、日本の富裕層では珍しいものもあります。そのひとつが「医療観光」です。
「安心が買えるなら安いもの」と金に糸目を付けない中国人富裕層の間で爆発的な人気を誇っており、中国人富裕層の60%がすでに日本の医療観光を体験済みなのだといいます。
なぜ彼らは日本の「医療観光」に強い関心を持つのか、中国の民間シンクタンクである胡潤研究院が公表した「豪華旅行白書」によると、そこには大きく3つの理由があるようです。

中国人富裕層が日本の医療観光を選ぶ理由3つ

看護師

「技術力」が高い


まず彼らが日本の医療観光を選ぶ理由として真っ先に挙げられるのが技術力の高さ。
中でも、日本には「PET-CTがん検診」という、“一度の検査で全身の小さながんでも早期に発見できる”ことが彼らに好評なのだそうです。従来のがん検診では、腫瘍の大きさが1センチ程度にならなければ発見できなかったことを考えるとすごいの一言でしょう。

親切なサービス


また、「おもてなし」の言葉通り、日本の医療観光はサービスも素晴らしいと彼らは言います。
腸管洗浄の途中でうんざりしてしまったものの、若い看護師が終始和やかな態度で彼らの排泄物をいやな顔一つせずにしていたのをみて感動してしまったのだとか。どうやら中国本国ではどれだけお金があってもこのサービスは買えないそうです。

中国から近い。


また、1日がかりで行く必要がないという距離の近さも彼らにとっての医療観光の魅力だそうです。
日本政策投資銀行によると、2020年までに健康診断を目的とした中国人の医療観光者は年間31万人を超え、潜在的な市場規模は約5500億円にのぼると予測されています。今後はさらに健康診断や治療を目的に訪日する中国人が増えるとも言われています。

性病検査旅行…も増えるかも。

薬

今回は中国人富裕層の医療観光をご紹介してまいりましたが、中国にさらに富裕層が増えると、「性病」に対する関心も高まってくるのではないでしょうか。
特に、性病は一般的な病気と比較してもプライバシーや病院側の対応が重視される病気ですから「デリケートな病気だからこそ日本で治療してもらいたい」という人が出てきてもおかしくないと筆者は考えています。
こうなってくると、もしかすると中国人の風俗旅行にも“転機(いい意味か悪い意味かはわかりませんが)”が訪れるかもしれませんね。

デリヘル経営コンシェルジュでは最新の摘発情報・高級デリヘルや交際クラブの主要顧客である富裕層の暮らし・近年風俗嬢に増えている貧困女子の暮らしはもちろん、最新の情報からお役立ちのセミナー情報をメールマガジンにてお届けしております。
ぜひこの機会に以下の登録フォームよりご登録くださいませ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

デリヘル・風俗・交際クラブの開業や集客に関する無料のお悩み相談

弊社では、デリヘル・風俗・交際クラブの開業に関するお悩みやご質問や集客、経営に関するご相談について無料にてご相談していただくことが可能です。 どのような些細なことでもまずはメール、またはお電話より無料相談にお申し込みください。

無料相談はこちら

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.