2016

07
24

“遠隔操作”での中国人売春ビジネス摘発。

遠隔操作

沖縄からの“遠隔操作”で不労所得を得ていた中国人、逮捕される。

宮城県警は2016年7月12日午後10時ごろ、女性に売春させていたとして売春防止法(周旋)違反の疑いで沖縄県に住む無職李梁容疑者(39)を逮捕しました。
李容疑者は、逮捕後の取り調べで「生活費がほしかった」と容疑を認めています。

正直なところこれだけでは毎週記事を更新している売春関連のニュースと何ら変わりませんが、この李容疑者、なんといってもその売春斡旋の手口がすごかったと報道されています。

家から一歩も出ずに“仕事”をする

 

通常デリヘル経営コンシェルジュでお伝えさせていただいている“売春あっせん”というと、援デリのように直接女性を囲い込んで、お客様がついたら自分の手持ちの女性を派遣するというのがまだまだ主流です。
しかし、この李容疑者の場合、実際に売春する女性と“一度も会わずに”仕事をしていたというところがこれまでの事例と大きく違います。彼女の売春あっせんの手口は以下の通りです。

  1. 1. ネット上の中国人向けサイト・中国人向けフリーペーパーに「月に150~200万円稼げる」と銘打った求人広告を打つ
  2. 2. 応募してきた女性に対して“メール”にて面接を実施
  3. 3. 採用後李容疑者自身が出会い系サイトで釣った“お客様”に、「●●町の△△でお客様が待っている」と女性を派遣する
  4. 4. 1回15,000円程度の本番費用の6割が女性の“取り分”で、残りの4割を李容疑者に銀行経由で送金する


この手口で李容疑者は多いときは1日10万円の入金を得ており、2010年2月から6年間で1億円の利益を得ていたようです。
しかし、「生活費がほしかった」と警察に供述していることから、この商売で得た金銭は中国本国に送金していた可能性があります。

それにしても、売春婦本人と全く会わずして売春ビジネスを6年間にわたって成功させていたというのは、違法という意味では感心できませんが、デリヘル経営者としては学ぶところもありそうです。
メールや電話だけかもしれませんが、それなりに売春婦の心身のケアをしていたようにも考えられます(あまりにずさんだったら、おそらく訴えられてしまうでしょう)

デリヘル経営コンシェルジュでは最新の摘発情報・高級デリヘルや交際クラブの主要顧客である富裕層の暮らし・近年風俗嬢に増えている貧困女子の暮らしはもちろん、最新の情報からお役立ちのセミナー情報をメールマガジンにてお届けしております。
ぜひこの機会に以下の登録フォームよりご登録くださいませ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

デリヘル・風俗・交際クラブの開業や集客に関する無料のお悩み相談

弊社では、デリヘル・風俗・交際クラブの開業に関するお悩みやご質問や集客、経営に関するご相談について無料にてご相談していただくことが可能です。 どのような些細なことでもまずはメール、またはお電話より無料相談にお申し込みください。

無料相談はこちら

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.