2016

09
19

女性に全裸で接客させていたピンサロ「学校でゴーゴー」摘発。

学校でGOGO

女性に全裸で接客させた疑い、風俗店経営者ら逮捕 大阪

2016年9月15日18時18分

個室のない店内で、他の客に見える状況で女性に全裸で接客させたとして、大阪府警は2016年9月15日、大阪府北区曾根崎のピンクサロン「学校でGO!GO!」を現行犯で摘発しました。
この摘発で、経営者の垣内直樹容疑者(30)=同区兎我野町=ら男2名が逮捕・送検されました。
また、現行犯として男性客3人と女性スタッフ3人を含む他の男女11人も現行犯逮捕されましたが、こちらは釈放されています。
垣内容疑者の逮捕容疑は2016年9月13日の夕方に、同店内の間仕切りのないスペースで、男性客と女性従業員の3組にわいせつな行為をさせたなどとしていますが、垣内容疑者は「従業員が勝手にやった」と容疑を否認しています。

学校でGO!GO!」は雑居ビルの4階と5階に入居しているピンクサロン。
教室風に改装した5階の一部で、制服姿の女性スタッフを部屋に並ばせたうえで“授業参観”として客に指名させたあと、“個別授業”と称して高さ約1メートルのブースで性的な行為をさせていたといいます。
店内にはこういった“個室”が7室あったものの、いずれも入り口側の仕切り壁がなく、壁自体の高さが低く、ほかの客にも見えるため「公然わいせつ」に問えると判断したようです。

参照元:女性に全裸で接客させた疑い、風俗店経営者ら逮捕 大阪

五輪前、ピンサロは危機?

そもそもピンクサロンは「飲食店」の扱いなので、営業できていること自体が「グレーゾーン」なわけですが、今回の摘発によって「不特定多数の見えるところで、全裸で接客させること」が摘発の要件になるということが明らかになりました。
乱交パーティなどもこの理由で「公然わいせつ」と見なされるようなのですが、ピンサロ経営者の中には今回の摘発で「もしかしたら自分の店も……」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
五輪前の摘発が風俗業界で話題になる中、デリヘルやメンズエステに限らずピンサロも確実に“ターゲット”とされていることでしょう。

また、今回の摘発店舗について、2ちゃんねるで興味深い情報がありました

前の時は逮捕はなかったですしニュースにもなってませんでした。営業停止になって5日ほどで営業再開してました。
2年ほど働いてた嬢の話によると頻繁に梅田店だけガサ入れ入ってて1カ月くらい営業停止だったこともあったそうですが、逮捕は初めてです。

参照元:2ちゃんねる

どうやら「学校でGO!GO!」へのガサ入れは今回が初めてではなかったようです。
指導が入った段階で“摘発フラグ”が立っていることを肝に銘じておきたいものですね。

デリヘル経営コンシェルジュでは最新の摘発情報・高級デリヘルや交際クラブの主要顧客である富裕層の暮らし・近年風俗嬢に増えている貧困女子の暮らしはもちろん、最新の情報からお役立ちのセミナー情報をメールマガジンにてお届けしております。
ぜひこの機会に以下の登録フォームよりご登録くださいませ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.