2016

08
05

不動産を虚偽名義で借りる「在籍屋」逮捕

在籍屋サムネイル

賃貸ビル「在籍屋」摘発 詐欺集団使用の物件 8容疑者逮捕

警視庁捜査2課は2016年8月3日に、虚偽の使用者名義で雑居ビルの部屋を賃貸契約したとして、東京都中央区の会社員、佐伯竜一容疑者(48)・新宿区の不動産業者、西村宏之容疑者(27)ら8人を詐欺容疑で逮捕したと発表しました。
佐伯容疑者らが虚偽の使用者名義で借りた部屋は、2015年11月に摘発された「馬券を的中させる」などと嘘を言って全国の約90人から計2,000万円超の金を騙し取っていた詐欺グループのアジトとして使われていました。


警視庁捜査2課によると、佐伯容疑者が賃貸契約の保証人を、自分の会社の従業員と装って貸主を信用させる「在籍屋」であったとみています。
このような在籍屋は大都市の繁華街に多く、佐伯容疑者以外にも新宿区内だけで30業者がいるとされています。
佐伯容疑者は「契約者以外が使うとは知らなかった」と容疑を否認し、西村容疑者は認否を留保しているようです。


参照元:毎日新聞

「承諾が下りないから」そんな理由で在籍屋、検討していませんか?

不動産

今回のニュースのような在籍屋の手口は簡単に説明すれば以下の通りです。

  1. 1. 西村容疑者(不動産業者)が部屋の契約会社と連帯保証人を手配
  2. 2. 貸主から「保証人は誰か」という問い合わせがあると、佐伯容疑者(在籍屋)が「自分の会社の従業員だ」と保証人が会社に在籍しているように装って回答し、偽装用の源泉徴収なども作成
  3. 3. 佐伯容疑者は物件ごとに報酬1万数千円を詐欺グループから受け取る


こういった在籍屋の主要な“お客様”は暴力団などの反社会勢力や詐欺集団はもちろんですが、中には風俗店の従業員という場合もあります。
たしかにデリヘルや交際クラブの事務所契約をするときは、大家さんの承諾が下りないから開業ペースが遅れてしまうというのは珍しくも何ともありません。
「物件が決まらないからやきもきする」という経験をしたことがあるオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、だからといってこういった「在籍屋」を使うことは控えましょう。
デリヘル経営コンシェルジュでは風俗物件専門のサイト「VIPマンション」も運営しております。

  • ● 風俗を開業したいので大家承諾が得られる物件情報がほしい
  • ● なかなか物件が見つからないので、相談に乗ってほしい


などのご相談も承っております。ぜひお気軽にお電話・お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.