2016

02
02

バレンタインもデリヘルの「仕掛けどき」

 2/14はバレンタインデー

J279

2月が始まりました。バレンタインの時期がそろそろ近づいてきていますね。
街中でも百貨店などを中心に「バレンタイン商戦」とばかりにチョコレートが所せましと並ぶようになりました。

1年の間には年明け(正月)から始まり

    • ● バレンタインデー
    • ● ハロウィン
    • ● クリスマス


など様々なイベントが行われますが、デリヘルを経営していくうえでもこういった「季節のイベント」には積極的に乗っかっていきましょう。

では、実際には何をしたらよいのかと申しますと、最も多いのは「キャンペーン価格の打ち出し」でしょう。
「バレンタインデー料金で、1,000円OFFの特別価格」といったバナーな文章をホームページに掲載しているお店が最も多いと感じます。
こういった料金キャンペーンを打ち出すお店が多い理由は、その手軽さでしょう。
手軽にできますし、お店側でも女性キャスト側でも”準備”がいらないことは大きなメリットです。

料金の見直しだけで終わってしまっていませんか?

s_126660596-680x454

ここまでのお話では「季節のイベントごとにキャンペーン価格を打ち出す」というお店が多いというお話をさせていただきましたが、実際の効果の面では「イベントに取り組む」ほうが高いと思います。

せっかくの「バレンタインデー」なのですから、お客様も実際に女性キャストからチョコレートを手渡してもらうほうが喜びもひとしおなのではないでしょうか。
季節のイベントを上手に使って経営を回している風俗店のなかには、大手の食品会社にチョコの発注を事前にしてバレンタインデーに臨むところもあります。
「価格」もうれしいのですが、価格だけに頼っていると限界がきます。
また、どこか味気なさも感じさせてしまうので、せっかく行うのであれば「そのイベント感」を出して取り組みましょう。

また、ホームページやバナーに一工夫するのも効果的です。

バレンタインデーにはお店のロゴの部分にチョコを飾りで載せてみて、ハロウィンのときにはパンプキンを載せるなどすると、
「このお店には季節感があるんだなあ」
とお客様にも女性にもわかってもらえます。

お客様がふと見たときに「おっ」という仕掛けがあると、自然とホームページに来てくれる頻度も高くなるのではないでしょうか。
バナーも女性に季節ごとのコスプレをしてもらって定期的に変えるという戦略をとっているお店もあります。
季節のイベントはお店にとってチャンスなのです。
普段から「お客様も女性も来ない」といわれる2月ですが、ピンチはチャンス。安定的な集客を確保しましょう。

    • ● イベントごとに参加したいけどポイントがわからない
    • ● 自分のお店では今からどんな工夫ができるかわからない
    • ● ホームページやバナーを変えたいけれど、どんな風に変えられそうか


そのようなご相談も大歓迎です。ぜひお電話か以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.