2017

12
18

交際クラブは副業に適している?会社にバレずに儲ける秘策を教えます

副業で交際クラブを経営している方は、業界全体のなんと約30%ほどにも及びます。
もちろん、女性を扱う業種を他にやっている方もいれば、昼間に会社員をやりつつその人脈をうまく使い運営している人もいれば、1から男性会員や登録女性の数がある程度いくまで副業としてやっている人もいます。
例えばデリヘルだとどうしもて女性を管理して在籍させる必要がありますが、交際クラブは面接をして登録してセッティングが入った時に電話やラインでの連絡でことたりてしまうため、副業で交際クラブを運営する方が多い傾向にあります。
実際にうまくいっているクラブでも、ほとんど事務所にいくことなく電話やメールだけで仕事が出来てしまっています。
本日はそんな副業に適した交際クラブについてご説明して行きたいと思います。

そもそも副業が会社にバレてしまう理由

デリヘルや交際クラブを副業でやられている方が心配するのが、副業をやっていることが会社にバレないかという点です。
実際には副業が会社にバレる原因のほとんどが会社以外からの収入があることから会社にばれてしまうと言う点です。
そのようなリスク回避のためにも、ある程度の数字がいくようになったら副業から本業にすべきです。
では、本業になるまでの期間はどう乗り切って行けば良いのでしょうか?

1.収入に対して根拠をあらかじめ考えておく

その本業に切り替えるまでの期間については、実際に会社員をやりながら交際クラブをやっている人にきくと、以下のような回答をするとトラブルにならないことが多いようです。

  • ・会社側には親の資産を引き継いだ
  • ・親がマンション経営をしていて節税のために自分名義にされてその兼ね合いで収入があるようにみえるだけ

このように会社ではどこからいくら入ったお金なのかもわからないため、親族に口裏を合わせもらうことでトラブルを回避できた例が多いようです。

2.意外と問題になることはない?

もちろんリスク回避のためにも専門の税理士などに相談するのがベストですが、この副業の件で大問題になったのは10年以上交際クラブ業界を見ている弊社では1度もありませんでした。
さらに、中には金融関係などの堅い仕事の方で副業している人もいましたが、この方も問題を起こすことなく交際クラブを副業として経営されておりました。
どちらかというと、倫理観の面で副業で問題になるのはデリヘルをやっている女性の方かと思います。
その場合は大概、アリバイ会社等があるので回避できているようです。

なぜ交際クラブが副業に適しているのか?

交際クラブが副業に適している理由は、ある程度面談時間などもコントロールできる点や24時間事務所にいる必要がないからです。

デリヘルなどで女性を待機させて管理するには事務所や待機場所にいる必要が出てきますが、交際クラブはあくまで登録制で女性を管理する必要がありません。そもそも交際クラブでは女性を管理することがNGだからです。

業務の内容も男性から電話やメール、LINEで女性のオファーが入った時に、その女性に電話やメールやラインでOKかを聞いて日程調整するのみです。

そのため、先ほどもお伝えした通り、事務所にいなくても電話を転送させておけば運営ができてしまいます。

さらに最近は交際クラブの中には電話を使用しないで、LINEやメールのみで男性や女性の問い合わせをさばいている交際クラブがあるほどです。

あと、もう1点交際クラブ経営のメリットは現金商売であるということですね。

実際に働く時間はどのくらい?現実的に考えてみた

交際クラブを経営する時間は面談の時間がほとんどを占めます

残りの時間はメールやLINEの返事を夕方以降にやって実質一日2~3時間だけ特化して対応していれば十分な交際クラブもあります。

もちろん、そういう交際クラブさんは1人で経営されているところがほとんどです。
他にも男性面談だけを自身で行い、女性は他に面接をしてもらうという特殊な方法もあります。

そのため、平日は問い合わせを待って、どうしても面接をするときは本業が終わってからの夜に面接を入れる、どうしても昼間を希望する方は土日などに流し込めば副業としてお金を稼ぐことができてしまうのです。

実際に副業で交際クラブを運営している人はどんな人?

副業タイプは主に3タイプいらっしゃるのですが、それぞれどのようなメリットや特徴があるのかをご説明していきます。

1・すでに女性関係の仕事をしている方の副業

すでに女性関係のお仕事をしていると、交際クラブにマッチした女性の人脈が使えるなど多いため、必然と同業の方が副業で経営されることが多いようです。

2・昼の仕事をしている方の副業

こちらは普段は会社員もやりながら平日の夜や休日は交際クラブの運営に力を入れるというタイプです。
副業に適しているからこそ、収入は比較的に低くても良いので自分の時間を確保しながら収入のベースを上げたいという方が多いという特徴があります。

3・これから本業にしようとしてリスク回避で一時だけ副業としている方

独立をされる前提の方で、昼間は会社員をやりながら夜や休日は身を削って売上を伸ばそうとするタイプです。
会社員でもできるという交際クラブの特性を活かして自分のメイン事業にしようという考えを持っています。

様々なタイプの起業の方法がありますが、それぞれ自分にあったペースとやり方で無理なくやっています。
ただし、どうしても副業だと本業と違い動ける時間や日程や思考が制限されるので時間がかかりますが、その分、他社と組んだり、現状の人脈をフルに使ったり、他社がまだやっていない集客方法をやったり、あとはマンパワーで乗り越えて行く人もいます。
管理が必要なデリヘルですら副業でやってうまくいっている人もいるくらいなので、あとはやり方次第ですね。

交際クラブは自分でペースで運営ができる

交際クラブの良さは時間の融通がある程度効くこと。基本的に待ち営業だからこそ時間を作ることが出来ます。
また、ある程度男性会員が増えてくると新規女性が登録されるだけで売上がある程度作れてしまう面もあります。
電話は転送、メールはアイフォンなどのスマホで受ける、LINEもスマホで簡単に受信することができます。
電話にすぐに出られなくて男性や女性に不審に思われてしまうケースもございますが、そういうときのために、例えば電話の応答メッセージを他の電話に出ているため折り返しますなどのアナウンスにするなど、細かい対策はしていく必要はございますが、上記のように自分のペースでできてしまう比較的に手が出しやすい副業と言えるでしょう。

デリヘル・風俗・交際クラブの開業や集客に関する無料のお悩み相談

弊社では、デリヘル・風俗・交際クラブの開業に関するお悩みやご質問や集客、経営に関するご相談について無料にてご相談していただくことが可能です。 どのような些細なことでもまずはメール、またはお電話より無料相談にお申し込みください。

無料相談はこちら

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.