2015

11
26

デリヘルのホームページはサーバー選びも慎重に

弊社のお客様のサーバーダウン障害について


datacenter-286386_640

本日、弊社が契約しているとあるサーバー会社のサーバーが突如ダウンし、お客様からサーバーダウンのご連絡を受けました。
そのお客様が利用なさっていた共有サーバーを使っていた他のお客様も、サイトが表示されないというトラブルが起こっておりました。

この問題を起こしたサーバー会社は過去にも頻繁にサーバーの障害で弊社自体のサイトが表示されないことが幾度かありました。
今回ご迷惑をおかけしてしまったお客様にはこれを機に、弊社がお勧めするサーバー会社に契約を変更させていただきましたが、本格的にサーバーがダウンしてしまったらただ事ではすみません

デリヘルのホームページはお店の生命線


injury-903380_640

無店舗型(お店を持たない)のデリバリーヘルスにとって、サイトはお店の”生命線”といっても過言ではありません

というのも、お店をPRする方法や、問い合わせの導線がほぼウェブのみだからです。
店舗型の風俗のように「通りがかりに使ってみようと思った」というお客様ははじめから見込めませんし、ウェブサイト以外のPR方法は風俗ゆえに限定されます。
(テレビCMがだめだというのはもちろんのこと、看板・雑誌・新聞もかなり厳しい制限が課されます)
お客様もサイトや広告媒体を見て「利用したい」と電話をする場合がほとんどです。

つまり、サーバーの影響でホームページが表示されないということは、「お店のPRも、お客様からのお問い合わせも全てシャットアウトしている」のと同じことですから、サーバーダウンしている期間のお店の売上にも直結します。

デリヘルのサイトは信頼できるサーバーで


オーナー様の店舗でも、そんな「もしも」が起こらないように、ホームページを作る段階で値段だけではなく、「落ちない」ことを条件にサーバー選びをなさることをおすすめいたします。

落ちないサーバーを選ぶのは大前提として、「(万が一にも)落ちてしまった」ときのリスクヘッジも重要です。
今回の弊社のケースは、元のサイトデータのバックアップも取っていなかったと伺っていましたので、直って本当に”ラッキー”でした。
弊社のケースのような「神頼み」にならないように、以下のような対策はしておけたらベターです。

    • ● 定期的に(月に1回など)ウェブサイトのバックアップをとっておいて、サーバーが落ちてしまったときに復旧できるようにする
    • ● 仮にサーバーダウンが長期間に渡って起こってしまった場合、サブの窓口として使えるように更新系媒体を効率的に管理・運用しておくことで、一定の集客の仕組みを媒体内で作っておく


「サーバー会社を選びたいんだけど比較するポイントがわからない」
「アダルトサイトも可能なサーバー会社をそもそも知らない」
そんな場合は弊社にお気兼ねなくお問い合わせくださいませ。
今回問題を起こした会社ではなく、「風俗サイトも安心して使える、実績のあるサーバー会社」をご案内させていただきます。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.