2016

02
04

女性の写真は「並べかた」も重要

お客様が「絶対見る」のはこのページ

girl-510446_1920

デリヘルや風俗店のホームページで、お客様が必ずと言っていいほど見る「女性一覧」ページ。

格安店の場合は、システムページ(料金に関するページ)のほうがPV数だけを比較すると多いかもしれませんが、
「安いな、使ってみようかな」
となった場合は女性一覧ページや出勤情報ページに移動します。

そこでデリヘルオーナー様にお伺いしたいことがございます。
「ホームページ上の女性キャスト写真の並べかた」、工夫されてますでしょうか?

女性の写真撮影に力を入れている風俗店は高級店を中心に多く見かけられますが、「その後」まで気にかけられているお店は少ないのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、「ベストな女性の写真の並べかた」について風俗業界歴10年以上のデリヘル経営コンシェルジュがお答えいたします。

配置の正解はお店の数だけある

baby-blocks-925017_1280

「並べかたって、左上の女の子が一番見られるんだから、1番売れる子を左にすればいいんじゃないの?」

このようにお思いのオーナー様もいらっしゃるかもしれませんが、このお言葉は「6割正解」です。

基本的にどのようなホームページでも、左上から順に視線はZ型に動くといわれています。
オーナー様の予想通り、左上が最初に注目されて、次に右にずれていき、右端まで行くと一段下がります。
(※縦書きのホームページの場合はこの限りではありませんが、そういうお店は珍しいです)
amazonや楽天などのネットショップでも左上に特価のラインナップを揃えています。
ですからデリヘルやソープランドにおきましても、一般的な価格や格安店であれば「売れ筋の女性」を左上に置くのをおすすめいたします。
また、こちらのお店のように、ところどころに女性の写真ではなく、イベント情報を画像で入れて告知するのも「女性写真を見る集中力を途切れさせない」という意味で効果的です。

しかし、「左上に売れ筋の女性を置く」となかなか効果が発揮されないお店もあります。
高級デリヘルオナクラ・手コキといったライト風俗です。
高級店のように女性の採用自体が頻繁でない場合や、オナクラ・手コキのような素人の女性が好まれる場合、さらに申し上げれば一般的なデリヘルでも在籍人数が非常に多い(20名以上)場合は「新人キャスト」を左上にもっていくとよいでしょう。
特に新人キャストの場合は、何日もお茶を挽いてしまうとモチベーションが下がってしまい定着しなくなってしまうので、写真の配置以外の面でも「お客様を付けてあげる」という配慮が必要です。

そもそも「一番見られるのは左上」は思い込みかも……

landing_banner「基本的には左上の女性が一番閲覧される」といわれる女性一覧ページですが、それすらも写真の撮りかたやホームページのデザインによってはかわってきます。
一番見られていたり、実際の指名にありつけている女性の写真撮影の方法をまねすれば、女性キャスト全体の回転率も上がるのではないでしょうか。
そこで弊社ではGoogleアナリティクスという解析ツールを用いたクリック分析によって「どの女性が一番見られているのか」という計測も行っております。
今なら一切費用をかけず無料で分析できますので、詳しくは右画像のページよりご確認くださいませ。

    • ● うちのお店の女性一覧ページの写真をみてほしい
    • ● 写真がいまいちな気がするのでスタジオを紹介してほしい
    • ● 自分のお店の場合、女性写真の並べかたはどうしたらいいのか教えてほしい


そんなご相談も無料にて承っております。
どうぞお気軽に担当の石田までお電話・以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.