2016

02
25

悪質なSEO業者に騙されないために風俗店長が知っておきたいこと3つ

風俗業界にはびこる悪しきSEO業者

conmna

  • ● PPC(検索画面の横に出てくる広告)やディスプレイ広告(様々なサイトに出てくるGoogleやYahoo!のバナー広告)には出稿できない
  • ● 悪質な広告媒体も多数ある
  • ● 優良な広告媒体もあるが、出稿するのに高額だったり、媒体コンテンツの更新が面倒


とされている風俗業界。
オーナー様の中には、「PRできる機会も信用できるツールもないんだから、SEOに頼るしかない」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんし、そのお気持ちは十分わかります。

しかし、世の中にはそのオーナー様のお気持ちを逆手にとった「悪質なSEO業者」がいるのも事実です。
「風俗やアダルトサイトのSEOのお仕事を受けない」という方針の大手のSEO会社が多いことも風俗業界に悪徳SEO業者がはびこる原因にもなっていますが、彼らは
「リンクさえ貼ればすぐにあがってきますよ」だとか
「コンテンツをとりあえず自動生成すればいいんですよ」だとか
時代錯誤かつ的外れなSEOの方法をオーナー様に提案して、お金だけをもぎとっていきます。
その結果、本来は「順位を上げるため」にやっていた施策は、最悪の場合Googleに”ペナルティ”を受けてしまうのです。

このような最悪な結末を迎えないために、また悪質なSEO業者に”なめられない”ように、オーナー様や男性スタッフができることは何なのでしょうか。
デリヘル経営コンシェルジュが3つのポイントをお伝えいたします。

悪質なSEO業者に騙されないためには?

itemize

オーナー様や男性スタッフの方はあくまでSEOのプロフェッショナルではないので、すべての知識を把握しておく必要はありません。
ただし、「騙されない」ための最低限の3つのポイントは押さえておきましょう。

  1. 当事者意識を持つべし
    特に「ネットビジネス」といっても過言ではないデリヘルの場合、ホームページに手を加えられることはご自身のお店の利益に直結します。
    お店の利益に直結する部分を、適当な業者に任せてしまうのは「当事者意識」に欠けていらっしゃるのではないでしょうか。

  2. 最低限の知識は身に着けるべし
    悪徳なSEO業者はわざと「はぐらかして」説明していると思いますが、最低限の知識さえあれば、相手の顔色などをうかがって「あ、これ怪しいSEO業者だな」という見分けがつく場合もあります。
    SEOのプロ専門のサイトを見て日々勉強する必要はありませんが、デリヘル経営コンシェルジュデリヘル・風俗のSEO対策の項目は定期的にチェックしておいて間違いはないでしょう。

  3. プロに積極的に相談すべし
    SEOのプロではない以上、業者の口車に載せられてしまうことはままあります。
    その場で一生懸命切り返そうとせず、勇気をもって「詳しい人に聞いてみます」とまずは時間を稼ぎましょう。
    身近に詳しい方がいらっしゃればその方に伺ってもよいですし、
    「SEO対策に詳しい人なんて身近にいないよ」
    というオーナー様は弊社にお問い合わせください。


弊社はSEO会社ではなく、ポータルサイトを運営しているからこそ正しい知識をお伝えする一助になれればと思っております。
また、弊社は風俗業界歴10年以上の会社ですから、風俗業界もOKなSEO会社の良し悪しについても情報を持っております。

  • ● SEO対策のこんな電話がかかってきたんだけど、これは悪質な会社?
  • ● 最近巷でこういうSEOが流行っているらしいけど、これって正しいの?
  • ● ○○という風俗可能なSEO会社から電話がかかってきた!この会社って悪徳会社ですか?


このようなご相談も大歓迎です。
どうぞお気兼ねなく担当の石田まで、お電話・お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.