2015

11
25

デリヘルの届出書が面倒なときは、行政書士にお願いしちゃいましょう!

届出書はやっぱりめんどくさいオーナー様、奥の手を使いましょう

デリヘル経営コンシェルジュでは、オーナー様ご自身で届出書を提出することを推奨し続けております。
しかし

    • ● 実際に届け出用紙を目の前にすると、項目が複雑すぎて投げ出したくなった
    • ● 届け出を自分で試行錯誤して書く時間を、お店のコンセプトや事業計画を立てるのに使いたい

というオーナー様も中にはいらっしゃるかと思います。
「届け出の提出をほかの人に頼みたい」という場合は知り合いやスタッフさんではなく、せっかくですからプロの行政書士さんに頼むことをおすすめめいたします。

行政書士に届出書を出してもらう際の所要時間や料金の相場を調べてみました!

まず、期間についてはご自身でお手続きなされても、行政書士がやっても10~14日間かかってしまいます
デリヘルを開業したい地域の所轄の生活安全課の作業になってしまうので、短縮は難しいでしょう。
→デリヘルの届け出を出す際に、警察署に出向くときのポイントはこちらの記事で詳しくご紹介しております。

そして、肝心の費用はピンキリで5~8万円かかります
以前、5万円の行政書士の方に依頼した弊社のお客様がいらっしゃいましたが、その行政書士さんはデリヘルの届出書を出すのが初めてだったようで、無念にも「再提出」を食らってしまったそうです。
値段ももちろん重視すべきポイントの1つではありますが、せっかくプロにたのむのであれば、風俗業界に精通した経験のある行政書士に依頼するのがベストです。

7年間で200件 デリヘル開業に精通した行政書士を弊社はご紹介可能です

弊社では、風俗業界をよりよくするために「正しい方向に開業希望者、オーナー様をサポートしている」プロの方々との連携を積極的に強めています。
弊社で今回ご紹介させていただく行政書士、石下貴大先生もそういったプロの1人です。

7年間で200件以上もの風俗の開業案件を取り扱っている、風俗業界専門といっても過言ではないプロフェッショナルです。
200件以上もの届出書などの事業手続きに携わっているということは、すなわちそれだけの数のデリヘル開業希望者とのかかわりを持ってきたということです。
届出書の提出はもちろん、風俗業界特有のポイントや、デリヘル開業後のサポートに関しても大きな力となってくださるのではないでしょうか。

また、石下先生は「一般社団法人行政書士の学校」の代表もされており、風俗業界以外の分野においても確実な実績のある先生です。

石下先生インタビュー記事へ

業界のプロフェッショナルに頼ることはミスを無くすことと時間を短縮することになります。
行政書士にデリヘルの届出書を代行してもらいたいという開業希望者の皆様、是非ご検討くださいませ。
ご相談などはお電話およびお問い合わせフォームからも承っております。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.