2016

06
30

女性の定着率を上げるための「秘密の小道具」

名刺

そもそも求人が来ない、来てもすぐにやめてしまう。

デリヘルや風俗店のオーナー様の多くが抱える女性求人に関するお悩み。
見出し通り「そもそも求人の問い合わせが来ない。面接に来てくれるのはコンセプトに合わない女性ばかり。コンセプトに合った女性が入ってきてもすぐにやめてしまう。」そんなお悩みを抱えているオーナー様も少なくないのではないでしょうか。

女性求人のカテゴリでもご紹介している通り、風俗店の女性求人には

  • ●(効果が薄くなったとはいえども)求人媒体に定期的に出稿すること
  • デリヘル・風俗店の広告ノウハウを参考にしつつ、出稿した求人媒体の機能をフル活用すること
  • お店の求人ページを充実させて、問い合わせが来やすくすること(スマホサイトを用意する、具体的な稼げる金額を提示するなど)


といった要素も必要ですが、今回はこちらの話はいったんおいておいて「良い女性に長く定着してもらう方法」を弊社代表がお話させていただきます。

良い女性には「名刺」を作ってみては?

 

「良い女性に長くいてほしい」そんなときに弊社代表がおすすめさせていただくのが、「頑張っている女性に対して、彼女たち用の名刺を作ってあげること」です。
「名刺?そんな小道具で女性を引き留めることができるの?」
そうお思いのオーナー様もいらっしゃるかもしれませんが、名刺を作ってあげることで叶えられることは決して少なくありません。

  • ● 「せっかく名刺を作ったのだから、長くいてほしいな」とお店側の要望を彼女たちに暗に伝えることができます
  • ● オリジナルの名刺を作ってあげることで、男性のお客様のリピートや指名を増やすこと(つまり、彼女たちの収入を間接的に挙げること)ができます
  • ● 女性に「これも仕事なのだ」という責任感を与えることができます
  • ● 女性の「自分は大切にされているんだ、頑張っていることが認められたんだ」という承認欲求を満たすことができます。
  • ● 名刺をまだもらっていない女性のなかに「自分も名刺を作ってもらえるように頑張ろう」という向上心が生まれます。


人は“肩書”を持つと責任感が芽生えるものですから、デリヘルであれば「エグゼクティブコンパニオン」、メンズエステや性感エステであれば「トップセラピスト」といった肩書を名刺に印字してあげるのもよいでしょう。

女性に責任感が芽生えれば、当日欠勤や遅刻も減ります。
「自分は名刺をもらえるほど期待してもらっているんだ」ということが伝われば、少し辛いことがあっても「もう少し頑張ってみようかな」と思えるものです。

女性キャストの名刺作成もご相談ください。

 

たしかに風俗業界には“転々虫”と呼ばれる女性もいるので、全員分の名刺を作ることは“無駄”につながる可能性がたかいとおっしゃるかもしれません。
しかし「この女性は頑張っている」というキャストを見極めて名刺をつくるのはよいことなのではないでしょうか。
「お給料」が第一の風俗業界ではありますが、お仕事のモチベーションはお金だけでは買えないのです。

弊社では、がんばっている女性の名刺作成のお問い合わせも承っております。

「なんか女性の定着率が悪いから、名刺に興味があるな」
「どういう名刺がよいのだろうか」
「名刺、作りたいです。」

そんなオーナー様がいらっしゃいましたら是非お気軽にお電話・お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.