2014

07
19

第53話 業界約20年のオーナー様インタビュー

■いいことも悪いこともあった約20年

関東で高級店を運営されているオーナー様にインタビューをしました。

この方は現在、ご自身と同じようにデリヘル業界で頑張ろうとしている方に対してデリヘル開業塾を開催し、多くのオーナー様を支援しております。

そんなオーナー様の開業時のエピソードを取材させていただきました。

 

 

 

ーー開業について、届出書を出す際、すんなり出せましたか?何か困った事ってあ
りましたか?

私ですか?全く問題なかったですよ!行政書士の先生に頼ることもなくすべて自分でやりました。だって、高いじゃないですか。それなら警察の知り合いに聞いたり、インターネットで調べてやった方がいいと思ったんです。
あと、物件は僕の場合、全て交渉でした。この場所のここでやりたいって決めてからそこで探しました。


ーー妥協をせず探し続けたんですね。


そうですね。最初断られたところを2年目に交渉してOKにしたんです。今の事務所はビジネスホテルの上ですから。事務所とホテルの建物とオフィスビルが繋がっているんですよ。だから、全員に怪しまれないでしょ?ビジネスホテルですから、女性がお客さんにつけられても、次の仕事行っているのかって思ってもらえる場所じゃないですか。
この場所いいなって思って、駅からも近いしラブホも近いですからね。

私はデリヘルの開業塾を運営しているのですが、塾生の方には、当然自分でどんなコンセプトのお店を作りたいかによって、どういうお客さんをターゲットにしていくのか、それによって、女性たちが安心して来れるような事務所の場所を設置することをお勧めします。
塾では私の経験は分かち合うことができますがそれをどう活かしていくかはその人の自由なわけなんです。そもそも私はセミナー講師ではなくて、あくまでも塾生の方よりもたまたま早くこの業界に入って、よかったことも悪かったこともいっぱい経験してきていますからそれを好きに活かしていただいてイイですよ、というスタンスなんです。

実は私は4帖半の事務所からスタートしたんですよ。今の事務所の別の階にある4帖半の事務所を使っていた時に、20帖くらいの別の階のチラシが入っててお話を伺いに行ったら風俗業種には貸さないといわれて門前払いでした。それから期間が空いて、また同じチラシが入ってきたんです。空いたのか、と思って再度直接交渉に行きました。
ネクタイをびしっと締めて何とか交渉してOKいただきました。


ーーこれからデリヘルをスタートする方にはやはり最初は小さく始めたほうがいいというんですか?


そうですね。最初は経費をかけすぎないほうがいいでしょう。私は150万円でスタートしました。内訳としては事務所物件に60万円くらい、広告が30万円くらい、そのほかはホームページ作ったり備品買ったりですね。


ーーホームページはやはり綺麗に作ったほうがいいと思いますか?


私はそう思います。いいお客様を呼び込みたいのであれば良いホームページをつくるべきだと思います。女性も「ここだったら稼げそうだな」って見てくれるわけなので。
そういうイメージは大切ですよね。変なホームページだと変なお客様や女性が集まってしまうと思うんですよ。
最初は女性も少ないと思うので、まずは自分の目標の女性数の分だけ写真を掲載しました。
女性が入ってきたら本物に入れ替えて、それを繰り返して早い段階で全部本物にしていきました。目標としては3ヶ月とか6ヶ月までですね。それ以上やっていたらお客さんも女性も離れていっちゃいますから。


ーー今後こうなりたいなというビジョンはありますか?


私の考え方とかシステムを全部入れ替えてブラッシュアップしていけたらと思います。
効率的な経営をしながら働く女性の意識を高めていくのが必要だと思うんです。女性自身にスケジュール管理させたり、日記を投稿させたり。その働きによってお客さんが入るのですからお店に対して感謝が芽生えてくると思います。そうすることによってこの業界の底上げが少しはできるのかなって思います。
もちろん女性からはいくら稼ぎたいのか、この先何がしたいのかということはすべて聞いたうえで、それをサポートするイメージです。強制もしませんし。
モチベーションを保つ仕組みなんかもあります。3ヶ月に一回南の島に行ったり毎月写真を撮り変えたり。ただ、甘やかしたりはしないです。写真の撮影代も半分は払ってもらっています。自己投資という意味も込めてですね。

 

 

お話を伺ったオーナー様のサイトにはオーナー様が独自で開発したシステムが入っており、素晴らしい効率でデリヘル店を経営することができます。

このシステムについては塾生にも配布していますし、今後は販売も考えているそうです。

気になる方はオーナー様を紹介いたしますので一度お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.