2015

12
10

経営2~3年目のオーナー様、税関連の準備はできてますか?

小松税理士

風俗の税金のプロフェッショナルにお話を伺ってまいりました

デリヘルを経営してお店が軌道にのってくるころ、オーナー様がたの頭の片隅に共通してひっそり出てくる心配事がございます。

そうです、税金です。

税金のことを後回しにして、まずは利益を追っていたというオーナー様も風俗業界には多いだけあって、ある程度利益を出している店舗様でも意外と税金については見逃しがちだったりします。

以前の記事、元国税調査官が語る、風俗・デリヘルの税務調査の裏話でもお伝えしておりますが、税務署は念入りに下調べを行います。
ですから「お店に入られてしまった後」では遅いのです。
特に高級デリヘルでは近年頻繁に「税関連のガサ入れ」も行われていますから、高級店のオーナー様からしたら「明日は我が身」でもおかしくありません。

せっかく利益の基盤を築いてきたお店だからこそ、お店を守るためにも正しい税の知識をオーナー様にも身に着けていただきたいものです。

そこで本日は100店舗以上の実績を誇る小松税理士先生に風俗店の税についてお話を伺ってまいりました。

デリヘル開業と同時に顧問税理士をつけると「儲からない」?

 

税理士を顧問につける方はグループ店なのか個人のオーナー様なのか、その割合を教えてください

一概には言えませんね。
というのも個人のオーナー様でもグループ店でも、依頼する人はやはり【個人の意識(=幼少からの教育)】が違います。
こんなこと言うのはアレですが、オープンから顧問をつけてる方はどうもあまりうまくイメージがない

え!?それはなぜですか!?

最初はまず集中して利益を上げることに専念しないといけないからです。
最初から税を気にしすぎていたら上手くいかないのではと思います。
もちろん、納税は大切ですし、義務ですが、最初のうちは儲からないものです。

だからあえて集客・経営に集中して、2~3年後、給料が5~60万円くらいになった時に「このままで大丈夫かな…。」って思える人が顧問をつけます
大体そのくらいの時期が気になってくる頃なんです。

……ということは我々が開業する方に「税理士を紹介します」といってもあまりメリットがないということですね。

はっきり言ってそうですね(笑)
お店を運営されて2~3年続けられてる方のほうがいいです。
お店の運営を続けられるということは、ある程度経営が上手くいっている証拠なのでそういったお客様には紹介してあげてください。

ただ、例えば小林さん、車を運転するとき制限速度が30キロだったらどうしますか?

私だったらもっとスピードを出してしまうかもしれませんね。免許持ってないですけど

そう。守る人はごく少数でしょう。
でもだからといって100キロも200キロも出せって言っているわけではなく、「これ以上は危ないな」って感覚があるかどうかなんです。
生真面目すぎるとかえって上手くいかないですよ。特にこの業界は。

風俗業界の税理士が見る「失敗する人の特徴」2つ

 


多くのお客様を見てきて「成功しそうな人」と「失敗しそうな人」の見分けってつきますか?
→弊社スタッフ筆の「風俗業界で成功しそうな人の特徴6つ」も併せてご覧ください。

成功する人はわかりませんが、失敗する人は大体共通していることがあります。

まずは感性が狭い人。思い込みが激しくて「これやったら大丈夫!」って思い込んでる人ですね。
あとはかっこつけてる人。税理士は良くも悪くもその人の全てがわかってしまうモノです。
それなのに変なプライドで自慢しがちな人は上手くいかないことが多いですね。
風俗業界に限らず、普通の会社でもそうですね。
変なプライドがなく順応力が高い人は何に対しても勉強するので上手くいきやすいのではないでしょうか。

それって人生すべてにおいて言えることですよね。

そうですね。水商売・風俗も同じですよ。
税は置いておいて、「目の前にいるお客様を喜ばせること」に注力しないと上手くいかないです。
最初のうちは儲からないのは当然ですし、税金も儲け以上は取られないので最初のうちはがむしゃらにやらないといけないと思うんですよ。私個人としてはね。

あ、ただ注意してほしいのが、書類は絶対に捨てちゃダメ。
シフト表、手帳、領収書などの資料は必ず取っておいてください。
この紙がその人生を守る盾になるので。

プロの税理士が見る、風俗業界の将来

 

先日大きな事件(岐阜の40店舗の脱税の件)がありましたね。あの事件についてはどう思われますか?

水商売・風俗は正しい税金対策をしていないお店も多いし、やはり調査に入られたり税金を取られやすいです。
不況になると水商売や風俗店の調査は増え、逆に好況になると水商売への調査は減って、一般企業への調査が増えます。
今現在は好景気なので、風俗店への調査は多くはないと思います。
今回の件にはお店側にも責任があります。
地域活動や社会貢献を全くせずに、権利だけを主張する方が多いですから。

風俗業界は今後と栄えていくと思いますか?

いえ、栄えることはないと思っています。
むしろ現状維持かなだらかに衰退していくのではないでしょうか。
アジアだからある程度緩いですし、そう簡単にはなくなったりしませんが。

特にオリンピックはマイナス要素としてとらえています。
目が厳しくなるので早いうちから客引き・呼び込みを一掃したりしてますしね。
水商売は表舞台に中々出られないですよ。

かといってビジネスチャンスがないのかっていうとそうではない。
アンテナを広げていけばまだまだ大きなチャンスはいっぱいあります。

小松会計事務所が風俗に強い!といわれる所以

 

最後に小松会計事務所の特色を教えてください!

はい、それではまず、【ITに力を入れていること】です。
リモートスタッフが大勢いて例え月間2000枚以上の領収書があっても対応できます
この規模で対応できるのはうちの強みですね。
次に、【業界で唯一スカウトの税務対策ができる万全の体制】が整っているということです。
普通だとスカウトバックは税理士からすると処理できないものですが、うちならそれが可能です。
そのほかにも【オリジナルの日計表】を提供し、ユーザーに合わせてカスタマイズできるのもうちの強みです。
あとは店舗の方が恐れている税務調査に過去50回以上も立ち合いましたし、税務調査員がどういうところをついてくるのかも熟知しています
最後に、これはまだスタートしていないのですがゆくゆくは【海外の口座でお金を管理して節税】出来るように私自身が何十冊もの本を読み海外に足を運んでそのシステムを作っています。

起業されて2~3年経ったデリヘル経営者の皆様のお問い合わせ、お待ちしております!先生、本日はありがとうございました!

小松税理士が気になったというデリヘルオーナー様へ

小松先生は、一般的な税理士としての知識はもちろん、風俗業界のことも熟知しているまさに「風俗店の強い味方」です
弊社代表もこちらの記事で小松先生にインタビューをしているのでよろしければ併せてお読みいただけましたら幸いです。

「税のことが気になっている」
「税務署にもしかしたら入られてしまうかも」
「特に何ってわけではないけど、利益を出して2~3年たっているから興味がある」

そうお思いのオーナー様、小松税理士を弊社よりご紹介することも可能です。ぜひお気軽にお電話・お問い合わせフォームよりご相談くださいませ。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.