2016

01
21

面接官の力量なくして女性キャストの入店なし

面接の電話が鳴る=女性キャストの求人成功…とは限らない

boy-732495_640

「求人媒体に広告を出しても女性がやってこない」
近年、風俗業界のオーナー様の間でこのような女性求人に苦戦する声が広がっております。
「電話さえ鳴ればいいのに……」
こうお思いのオーナー様、店長様もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし電話が鳴れば、実際に女性が入店してくれるとは限りません。
なぜなら、面接の際に店長様やスタッフさんが女性を選んでいるのと同様に、女性も「お店を選んでいる」からです。

「求人媒体から電話が鳴らない」という深刻なお悩みに対して解決策をご提案するのもデリヘル経営コンシェルジュの役目ですが、今回の記事はこの話題ではなく、面接以降のお話をさせていただきます。

お店で働いてもらうためには、男性スタッフが肝

fitness-465205_640 (1)

デリヘル・風俗業界は近年東京五輪などの影響で急速に店舗数が増えていますから、”人手不足”のお店も数多くあります。
応募してくる女性はこの状況(自分たちが優位なこと)をよく理解しているので、面接の段階でお店の方針が自分に合っていないと思えば簡単に入店を拒否するのです。
つまり、面接に来てくれた女性に実際に在籍してもらうのは「面接官の腕」の見せどころなのです。

実際にどのようなところに気を付けるべきかはデリヘル経営コンシェルジュのメールマガジンでは先行配信いただきましたが、こちらの記事には近日公開予定です。
デリヘル経営コンシェルジュでは、ブログでは非公開の最新情報や、デリヘルオーナー様向けのお役立ち情報をメールマガジンにて先行独占配信させていただいております。
ぜひこの機会にご登録くださいませ。

メールマガジン登録フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

また、この記事の続きを知りたいというオーナー様はお電話・お問い合わせフォームからご連絡いただけましたら、すぐに詳しい情報をお伝えさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.