2016

02
19

諦めるのは早い!デリヘルの開業資金の調達方法



デリヘルを開業し、経営を軌道に乗せるまでに必要な開業資金としては500万円は欲しい所です。
開業するだけであれば150万円もあれば可能でしょう。

ですが、家賃、広告費といったランニングコストが開業後にはかかってきますので、ランニングコストを支払えるだけの余力がなければ苦しい闘いになります。

そのため開業時には500万円は用意しておくことをオススメ致します。



開業資金するには
開業資金の準備の仕方は主に以下の方法があります。

1.自己資金で開業する

開業するにあたり、自己資金で始めるパターンです。貯蓄を元手に開業することになりまう。最も一般的な開業の方法になります。
貯蓄に余裕があれば問題ありませんが、貯蓄がほとんとないようであれば開業時期を先のばしにしてお金が溜まった段階で開業する方法があります。


2.お金を借りて開業する

自己資金での開業が難しいようであれば、お金を借りて開業する方法があります。性風俗店の開業は世間的なイメージもあり、リスクがあると考える業者も多く、銀行は基本的に融資をしてくれません。

お金を借りるのであれば、知り合いの経営者、知人から借りるケースが多いです。なかには借りるのではなく、出資してもらう方もいます。どのように経営を行い、どれくらいの利益が見込めるのかといった筋道を立てて説明できるようであれば周囲からお金を借りることは可能なようです。

3.共同出資者を見つけて開業する

自分1人の自己資金で開業が難しいようであれば、共同出資者を見つけて開業する方法があります。デリヘルを開業する方は1人あるいは2人で開業されるパターンが多いように思います。1人で難しいようであれば、周りで協力してくれそうな人間をみつけて共同経営の形で開業するのも1つの手です。

共同経営者を見つけている人の方法で多いのは、元々働いている職場の同僚や部下を誘うパターンです。開業にはお金が必要ですし、開業に伴って様々な難局を迎える可能性もあります。そのため、お互いの仕事に対する姿勢や、進め方を理解している相手の方を選ぶ方が多いです。

他には、友人、知人の中には水商売、性風俗で働いている方がいたりします。周りの人間に声掛けすれば意外と見つかることもありますので、業界経験者の方と一緒に行うと良いでしょう。業界で働いている方は独立志向の方も多くいますので、お金の兼ね合いなどについて話をしっかりすれば立ち上げに協力してくれることもあるでしょう。

いかがでしょうか。
デリヘルの開業にあたり開業資金を得る方法は、自分で用意する、お金を募る、共同で経営する人間を見つけるといった方法になります。開業資金は多いにこしたことはありませんので、十分な余力をもって始めるようにしましょう。

開業に関して疑問点、不明点などがありましたら以下のお問い合わせフォームからご連絡いただくか、サイトに掲載されているお電話番号からご連絡くださいませ。

デリヘル・風俗・交際クラブの開業や集客に関する無料のお悩み相談

弊社では、デリヘル・風俗・交際クラブの開業に関するお悩みやご質問や集客、経営に関するご相談について無料にてご相談していただくことが可能です。 どのような些細なことでもまずはメール、またはお電話より無料相談にお申し込みください。

無料相談はこちら

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.