2016

06
19

極貧援デリ嬢から見える、本当の「貧困」とはなにか

「貧しいだけ」が貧困ではない

風俗の世界に足を踏み入れる女性の中にも深刻に抱え込んでいる人も少なくない「貧困」問題。
貧困問題とひとくちにいうと「お金がない恵まれない、救いの手を差し伸べなければいけない人」というイメージや、逆に「努力もせずに体たらくに過ごした結果」という極端な印象を受けがちです。
しかし、この極端にデフォルメされたイメージが本当の“貧困”という認識でよいのでしょうか。
実例取り上げながら“本当の貧困”とは何なのかを今一度考えてみましょう。

貧困者には「貧困たる理由」がある

 

デリヘル経営コンシェルジュでは、東洋経済ONLINEに掲載されている「貧困者を安易にコンテンツ化してはならない 異様な容姿の奥に見え隠れする「本当の彼女」で取り上げられていた援デリ(組織売春)嬢から、貧困者の“リアル”を抜き出してみました。

  • ● バレバレの嘘を言う
  • ● 取材のアポイントメントをドタキャンする
  • ● 突如としてSNSのアカウントを変更して音信不通になる
  • ● 取材なのにもかかわらず身だしなみを整えない(眉なしノーメイク・大きなサングラス・ニキビいっぱいの顔)
  • ● 体型管理ができない(控えめに見ても4Lサイズ)
  • ● 話題のすり替え(「相談がある」と呼び出していたのに、「取材の続き」に目的がすり替えられている)
  • ● 人と会うときは「自分のメリット(今回の場合は取材の謝礼)」があるかどうかに重きを置く
  • ● 時間にルーズ
  • ● 話の順序がわかりづらい
  • ● 男性を見る目がない(ヒモだったりDVをはたらく)
  • ● 感情の浮き沈みが激しい
  • ● 家庭環境が複雑で家族に愛された経験がない
  • ● 学歴がない(高校を中退しているので中卒の扱い
  • ● 避妊の知識がない(客との間に3人子供ができたがすべて中絶)
  • ● ホスト通いが趣味

「努力が足りない」は本当か?

 

この特徴を見る限り、筆者も含め多くのオーナー様が
「いやいや、常識なさすぎだし努力しなさすぎでしょ。」
と思うかもしれません。
実際に多くのテレビ番組をはじめとする報道に登場する彼女たちは時として“笑いもの”になり、時として“努力が足りない怠け者”として、視聴者にたたかれているのはご存知のことでしょう。
しかし、彼女は本当に「努力が足りない」のでしょうか。
筆者やオーナー様の基準で考えれば間違いなくそうなのかもしれませんが、記事中の彼女の生い立ちからそれぞれの項目をこのように見直してみると必ずしも「自堕落」では片付けられないでしょう。

  • ● 嘘をつく 
    → 貧困で追い詰められた状況で嘘をつき続けた結果、「嘘が日常」になってしまっている
  • ● 体重管理ができない 
    → 十分な教育を受けていないので「何を食べるべきか」の知識がつかない。結局彼女たちが走るのは安くて健康に悪いハイカロリー食品である。
    また、貧困によるストレスで体重と食欲のコントロールが不可能な精神状態に陥っている
  • ● 不潔で行動に品がない
    → 幼少からの教育環境で、そういった行動規範を教育されていない
  • ● 危険な人とつるんでしまう
    → 家庭環境が複雑だったため、自分にやさしくしてくれる人=いい人と思ってしまう

いかがでしょうか。
これはさすがに行き過ぎな解釈かもしれませんが、少なくとも一定の生活基準が守れている人とは大きく違った「ものさし」で生活していることは考慮しておくべきでしょう。

オーナー様のお店にも、ここまでいかないにしろ貧困という病に侵されかかっている女性はもしかしたらいるのかもしれません。
面接の段階ではわからなかったけれども、採用した後にそれがわかる場合もあるかもしれません。
そんなとき「自分の物差し」だけで計ってしまうことが必ずしもベストとは言い切れないでしょう。
首にするにしろ教育するにしろ、「違った物差し」の可能性を考えてあげるということが必要なのではないでしょうか。

デリヘル経営コンシェルジュでは最新の摘発情報・高級デリヘルや交際クラブの主要顧客である富裕層の暮らし・近年風俗嬢に増えている貧困女子の暮らしはもちろん、最新の情報からお役立ちのセミナー情報をメールマガジンにてお届けしております。
ぜひこの機会に以下の登録フォームよりご登録くださいませ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.