2016

06
17

名古屋で無許可営業のキャバクラ摘発

キャバクラの店内

名古屋の無許可キャバクラ摘発

愛知県警は風営法違反(無許可営業)の疑いで、愛知県名古屋市中区富士見町の自称無職、田中知就(33)、風俗店経営江川慎太郎(26)、同徳丸智計(34)の3容疑者を逮捕しました。
自称無職であるものの、田中容疑者は実質的に風俗店グループ「ティーズ」の代表で、今回摘発されたキャバクラで、お客様に高額な料金を請求する「ぼったくり」を繰り返していたとみられています。

3容疑者の逮捕容疑は、他の人と共謀して2015年の10月7日ころから2016年1月21日ごろと、2016年3月23日ころから5月19日ごろの2回にわたって、愛知県公安委員会の許可を受けずに、愛知県名古屋市中区錦3のキャバクラ「club mellow」の店内で、女性店員に接客させ、無許可で風俗営業をしたとされています。
3人はいずれも容疑を否認しています。

愛知県警によると「club Mellow」では2016年の1月から5月末までに、お客様から愛知県警に料金トラブルの相談が5件あり、1人あたり12万円が請求されたケースもありました。
田中容疑者が実質代表を務めているティーズグループは錦三地区を中心に、キャバクラやガールズバーなど計10店舗を経営しています。

「club Mellow」のFacebookページ https://www.facebook.com/Club-Mellow-670455922994096/

参照元:中日新聞

容疑者の「半グレ」も今回の摘発要因か。

半グレ

今回無許可で風俗営業をしていたとして摘発をうけた田中容疑者ですが、風営法違反とともに暴力団の資金源となっている「半グレ」の筆頭としても知られているようです。
2015年10月17日の朝日新聞で田中容疑者について以下のような言及もされています。

田中知就(ともなり)容疑者は、捜査関係者によると、都内を含め約10軒の飲食店を経営する企業家の一方、粗暴な行為を繰り返す「半グレ」集団のリーダー格と目されている。

「半グレ」とは、元暴走族メンバーやその遊び仲間らが離合集散しながら、ネットワークでつながった「半分グレている」グループ。
警察庁も「暴力団ではないが治安を脅かす新たな反社会勢力」と位置づけている。
半グレは、2008年に施行された改正暴力団対策法や2011年までに施行された暴力団排除条例による暴力団の取り締まり強化を背景に台頭してきたとされている。
銀行口座が開設できず、賃貸物件も借りられない暴力団構成員とは違い、法規制の網をかいくぐることができるのが彼らの特徴だ。

愛知県内では、名古屋市や岡崎市などの繁華街で近年、田中容疑者が経営する「T’sグループ」やその周辺者が勢力を拡大。
名古屋市で複数のキャバクラを運営する50代の男性は「暴力団より、半グレの方が怖い物知らずで凶暴だ」と話す。
「T’sグループ」などの半グレがが得た資金が、指定暴力団山口組弘道会(本部・名古屋市中村区)側に流れている可能性もあるとみて、暴力団捜査を担当する捜査4課が中心となって実態の把握に努めている。

参照元:法の網逃れ「半グレ」暗躍 背景に組員の取り締まり強化

無許可で風俗を運営することには気を付けるというのはもちろんのことですが、少し調べてみるとこの事件から「暴力団(ヤクザ)とのパイプを持っている風俗店ほど、当局に摘発される」というもう一つのメッセージを読み取れるのではないでしょうか。
「あそこが摘発された」という情報は連日風俗店オーナー様の大きな関心ごとですが、その背景を調べてみることでより「健全な」風俗運営ができることでしょう。

デリヘル経営コンシェルジュでは最新の摘発情報・高級デリヘルや交際クラブの主要顧客である富裕層の暮らし・近年風俗嬢に増えている貧困女子の暮らしはもちろん、最新の情報からお役立ちのセミナー情報をメールマガジンにてお届けしております。
ぜひこの機会に以下の登録フォームよりご登録くださいませ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

デリヘル・風俗・交際クラブの開業や集客に関する無料のお悩み相談

弊社では、デリヘル・風俗・交際クラブの開業に関するお悩みやご質問や集客、経営に関するご相談について無料にてご相談していただくことが可能です。 どのような些細なことでもまずはメール、またはお電話より無料相談にお申し込みください。

無料相談はこちら

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.