2016

06
10

違法メンズエステの全国チェーン、摘発される。

違法メンズエステの全国チェーンが摘発

摘発

全国に出店していた違法マッサージ店を営業したとして、神奈川県警生活保安課と戸塚署は2016年6月6日、風営法違反(禁止地域営業)の疑いで、エステサロン運営会社「プレスパ」の役員井上剛士容疑者(36)=横浜市戸塚区上倉田町=、エステ店経営小林秀樹容疑者(55)=川崎市宮前区水沢2丁目=、エステ店店長村田公明(41)=千葉県松戸市=ら3人を逮捕しました。
風営法違反の疑いで逮捕された「PASSIO(パシオ)戸塚店」役員の井上剛士容疑者(36)は、営業禁止区域にある、神奈川・横浜市戸塚区のマンションで、女性従業員に性的なマッサージをさせた疑いが持たれています。

この違法メンズエステは、全国で10店舗を出店していたほか、ハワイなどへの海外進出も計画していたそうです。
神奈川県警によりますとと、3人が経営していた3つの店舗は1日当たり8~10人の客を取り、10~13万円を売り上げていました。
調べに対し、井上容疑者は、「風俗店ではないので、性的サービスは行っていません」と、容疑を否認しています。

参照元:カナコロ

メンズエステ業界はオリンピックによって規制がさらに強化される

メンズエステ

今回摘発をうけたメンズエステ、PASSIO(パシオ)は、全国に10店舗ほどの支店を展開するメンズエステの大型チェーンでした。
実際に現在逮捕されているのは3名ですが、捜査が進むにつれ他のお店の店長・オーナーといった人にまで摘発の手は及ぶかもしれません。
現在こちらのお店のサイトやブログを見ることはできませんが、公式サイトでは上記の内容通り今後も全国各地や海外への出店にも意気込みを見せていたようです。

話を本筋に戻すと、以前の「いいメンズエステほど”おさわり”はできない?」の記事でもお伝えしていますが、メンズエステは今回逮捕された井上容疑者が供述している通り風俗店ではありません。
今回の逮捕容疑を見る限り、井上容疑者ら3名は風俗店ではないと認識していながらも実際はヌキのサービスを展開・あるいは容認してしまっていたようですが、風俗店ではないからこそ「局部に触る、性的なマッサージと疑わしきことを行う」ことは断じて許されていないはずなのです。

オーナー様や店長様が女性セラピストにヌいてはいけないよと指導していても、セラピスト個人の判断でヌキのサービスが横行してしまっていた場合も言い訳はできないことが、メンズエステ業界のむずかしさでもあります。
「ヌけばお客様から気に入ってもらえて、リピートもしてもらえるだろう。」とセラピストも考えがちなのかもしれませんが、そこでヌキのサービスを行わなくとも稼がせてあげる方法を伝えてあげることこそがオーナー様や店長様の立派なお仕事なのです。
この記事をお読みになっているメンズエステオーナーのみなさまは、くれぐれも法令を遵守した健全な運営をこころがけていきましょう。

デリヘル経営コンシェルジュでは最新の摘発情報・高級デリヘルや交際クラブの主要顧客である富裕層の暮らし・近年風俗嬢に増えている貧困女子の暮らしはもちろん、最新の情報からお役立ちのセミナー情報をメールマガジンにてお届けしております。
ぜひこの機会に以下の登録フォームよりご登録くださいませ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

デリヘル・風俗・交際クラブの開業や集客に関する無料のお悩み相談

弊社では、デリヘル・風俗・交際クラブの開業に関するお悩みやご質問や集客、経営に関するご相談について無料にてご相談していただくことが可能です。 どのような些細なことでもまずはメール、またはお電話より無料相談にお申し込みください。

無料相談はこちら

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.